UCHIDA 株式会社打田製作所
お問合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
TOPページ
会社概要
会社概要
業務内容
沿革
主要設備
採用情報
お見積り・お問合せ

会社概要
               
社 名 株式会社打田製作所
資本金 1,000万円
創 業 1936年(昭和11年)8月
設 立 1966年(昭和41年)3月
社員数 75名 (2016年<平成28年>3月現在)
事業所 本社 東京都江東区大島3丁目9番地21号 【MAP
  <営業お問い合わせ窓口>TEL:03-3683-2341
  千葉工場 千葉県松戸市六高台7丁目96番地 【MAP
  TEL:047-387-2586 FAX:047-384-4898
 千葉工場
  茨城工場 茨城県稲敷郡阿見町大字福田字内野84-7 【MAP
  TEL:029-889-1261 FAX:029-889-1263
  茨城工場
このページのトップへ

業務内容
プラスチック射出成形用金型の開発・設計・製作・販売
プラスチック射出成形用金型の修理・改造
精密プレート加工および精密金型部品加工
多数個取り金型,ハイサイクル金型,ホットランナーシステムなどの高生産性,高耐久性,高信頼性が
必要な金型で、お困りの事や技術課題は是非当社へご相談ください
金型の修理・修正・改造でお困りの金型ユーザー様、是非お問合せください。

金型のコストだけを追求するあまり、ライン立ち上げの遅延や成形現場での不良を
招いていませんか? 金型の品質はトータルコストでお考えください。
化粧品,医薬品,日用品,食品・飲料 各種金型 (当社製造以外の金型にも対応)
ヒンジキャップ / スクリューキャップ / バージンキャップ / スパウト / ノズル / ポンプ / トリガー / プリフォーム / カップ / ディスポーサブル・キュベット / 口紅(本体,キャップ,中皿,ラセン,中具,オジーブ) など
このページのトップへ

沿革
昭和11年 8月 打田粂次郎が東京市本所柳原に打田製作所を創設。
合成樹脂「ベークライト」用の金型製造開始
昭和20年 3月 太平洋戦争の空襲で工場が被災
和歌山県海南市へ疎開
昭和23年10月 東京都江東区大島3丁目2番地に工場を再興
ユリア樹脂によるコンプレッション成形用金型の受注再開
昭和24年 9月 本社工場増設
昭和27年 4月 プラスチック射出成形用金型の製造に着手
昭和34年 4月 東京都江東区大島3丁目9番地の現在地に工場を移転
昭和38年10月 千葉県松戸市に千葉工場を新設
昭和41年 3月 資本金200万円で株式会社打田製作所に改組
昭和44年 4月 資本金1,000万円に増資
昭和45年 9月 千葉工場第二社屋竣工
昭和50年 9月 日本初のPET樹脂によるボトルの開発依頼を受けPETボトル・プリフォーム用金型開発に着手
昭和51年10月 PETボトル・プリフォーム用金型製造開始
昭和57年 6月 茨城県稲敷郡阿見町に茨城工場竣工
平成10年 2月 茨城工場増設
このページのトップへ

copyright(c)2016 Uchida Seisaku-sho Co., Ltd. All right reserved.